ニュース

Alfred Jäger GmbH、米国アトランタで修理事業を開始

Alfred Jäger GmbH、米国アトランタで修理事業を開始

当社は高周波スピンドルの製造に関して40年以上の経験を有しており、最高のスピンドルであっても点検や保守が必要になる時が来ることを理解しています。当社は2015年1月1日に、Jaeger Spindles North America, Corp.を米国ジョージア州アトランタに設立しました。それ以来、米国およびカナダ市場での全営業活動と新プロジェクトでは、Jaeger NAが担当窓口になっています。 

米国とカナダのお客様向けのサービス

お客様にとってのメリット:
2015年6月1日以降、米国とカナダのお客様向けのサービスが当社の修理事業を通して大幅に向上しています。

お客様向けのサービス

北米での修理はすべて当社のアトランタ拠点で迅速かつ確実に、厳格なJaeger品質要件に基づいて、Jaeger純正部品を使用して、Jaeger修理プロセスに従って行われています。これにより、コミュニケーション経路の簡素化による所要時間の短縮などの多大なメリットがお客様にもたらされています。 

カナダの新拠点

当社はアトランタ拠点に多額の資金を投入し、新品の機械類および最新の測定器具を揃えました。 品質要件 (プロセス) はすべて、ドイツ拠点での修理事業の場合と同一です。
これにより当社では、「Made In The USA」のスピンドル修理に対して「ジャーマン・エンジニアリング・クオリティ」を保証しています。

このサービス拡大により、お客様をこれまで以上にサポートできるようになったことを嬉しく思っています。

米国での当社の住所:

Jaeger Spindles NA Corp.
6611 Bay Circle
Suite 165

20.04.2018

すべてのニュース

今月のスピンドル 3月

ZS62-H650.03 S19W2/2 (#13404086) このニュースレターシリーズでは、当社の新製品を、または独特な性能を有しているため一度「強調」して取り上げる価値のある製品を紹介しています。  今月は ZS62-H650.03 S19W2/2 がJägerスピンドルの「栄誉の殿堂」入りを果たしました。  「こちらが栄光を掴んだ製品です!」 ...

Repairshop China(リペアショップ・チャイナ)

当社子会社の「Alfred Jäger Trading Beijing」が一年前にオープンした中国の修理店舗は成功を収めています。ドイツで訓練を受けた従業員が、多様なツール交換システムを駆使し、様々なサイズのスピンドルタイプに対応した質の高い修理を行っています。「HSKスピンドル」や「空圧式直接交換スピンドル」は、「マニュアル・クランプ」を備えたHFスピンドルと共に、ドイツ国内と同様に専門的に修理...

Jägerスピンドルによるダイ・モールド製造での効率向上

ダイ・モールド製造に対する要件は常に高まっています。品質、費用と所要時間の短縮に対する要求水準の上昇は、とどまるところを知りません。加工品が小型化する傾向は今後も継続する様子を見せており、大型金型であっても精緻なリブ、溝や小さいキャビティの成形が求められています。通常加工品は、比較的大型の工具での粗削り・仕上げ削りに対応可能な回転数とトルクを有する最新のCNC機械で製造されます。しかし小型の超硬エ...

温度センサーKTY 84の使用停止予告

温度センサーKTY 84のメーカーは、同製品の生産を世界中で打ち切りました。その影響は、当社スピンドルの一部にも及んでいます。当社は温度センサーKTY 84を、遅くとも2019年3月31日までに温度センサーPt 1000に置き換えます。この日付までは、KTY 84を使用した納品を確保できる見通しです。このことを今後の計画の際に考慮して頂きますよう、お願い致します。

Alfred Jäger GmbH、米国アトランタで修理事業を開始

当社は高周波スピンドルの製造に関して40年以上の経験を有しており、最高のスピンドルであっても点検や保守が必要になる時が来ることを理解しています。当社は2015年1月1日に、Jaeger Spindles North America, Corp.を米国ジョージア州アトランタに設立しました。それ以来、米国およびカナダ市場での全営業活動と新プロジェクトでは、Jaeger NAが担当窓口になっています。 

Alfred Jäger GmbH

Siemensstr. 8
61239 Ober-Moerlen GERMANY